新宿で一息するなら、新宿時屋の生クリーム入りのどら焼きを。

新宿だからすぐに行けるだろう。 そう思ってついつい先延ばしにしてなかなか行けなかったお店、時屋。 ドラえもんのどら焼きのモデルとも言われているお店です。 甘味屋さんでどら焼き推しなんてなかなか見ないスタイル。 甘味を食べ …

Vol.09 灰桜(はいざくら)【和菓子と日本の色】

桜の開花が始まりました。 今回、そして、4月は「桜」がつく色を紹介したいと思います。 今回紹介するのは「灰桜(はいざくら)」。 名前の通り、少し灰色がかった、くすんだようなピンクです。 曇り空の日に、1,2つ咲いている花 …

Vol.08 胡粉色(ごふんいろ)【和菓子と日本の色】

白が好きです。 真っ白な気持ちは初々しくて、 ちょっとクリームがかった白はほんわりと優しい気持ちにしてくれる。 今回の和菓子は大好きな梅と大好きな白の白梅。 みているだけでふわっと梅のいい香りが漂ってきます。 白にもいろ …

啓蟄とよもぎまんじゅう【和菓子と二十四節気】

啓蟄-けいちつ- 3月6日〜3月20日頃 土の中で冬ごもりをしていた虫たちが目を覚ます頃。 じっと眠っていた生き物たちが、地上に出てくる季節。 桃の花や菜の花が咲き始めるのもこの頃です。 日付では、3月6日頃〜3月20日 …

Vol.07 花葉色(はなばいろ)【和菓子と日本の色】

春のお花、というとなんだか黄色いお花をイメージする気がする。 この和菓子は福寿草というお花をモチーフに作られています。 福寿草は幸せを運んできてくれるお花なんだそう。 春とともに幸せを運んできてくれるなんてなんて素敵なお …

Vol.06 薄紅(うすくれない)【和菓子と日本の色】

寒い冬でも鮮やかに咲く寒椿。 椿のイメージは赤か白だったんだけど、薄紅で表現されたあまりにも美しくて見とれてしまいました。 薄紅は「うすくれない」「うすべに」どっちでもいいみたいなんだけど、もともとは「うすくれない」だそ …

Vol.05 空色(そらいろ)【和菓子と日本の色】

  「空を見上げて深呼吸」 中学生の時好きだった、俳優上地雄輔さんがいっていた言葉。 それ以来、何か嫌なことがあった時、落ち着きたい時、離れた誰かを想う時、いつも空を見上げてきました。 朝焼けのパステルカラーの …

立春とうぐいす餅【和菓子と二十四節気】

立春-りっしゅん- 2月4日~2月17日頃 「春」が「立つ」頃。 立春は豆をまいて鬼を撃退する節分の次の日が立春という区切りの日。 それから17日頃までの期間も同じく立春と呼びます。 「春」とついていても、まだまだ寒くて …

12/9 からだにえいたろうイベントレポート[PR]

こんにちは。 突然ですが、みなさん羊羹は好きですか? 全国各地にいろんな羊羹がありますね。 見た目が華やかなもの、小型サイズのもの、関西の丁稚羊羹、日光の羊羹街道。名産を使った羊羹、季節物を使った羊羹。私は福岡のお隣の県 …