新宿だからすぐに行けるだろう。

そう思ってついつい先延ばしにしてなかなか行けなかったお店、時屋。

ドラえもんのどら焼きのモデルとも言われているお店です。

甘味屋さんでどら焼き推しなんてなかなか見ないスタイル。

甘味を食べるもよし、店先でどら焼きを買うもよし。

念願のどら焼きを食べてきました。

何回来ればいいの!とにかく豊富なメニュー

いつも前をと売るときは激混みで、行列もできるほどだったんだけど、今回は行列がない!ラッキー!くらいのテンションでお店に入りました。

そしたらびっくり、お客さんが一人もいなくてびっくり。

貸切状態で使わせていただくことに…なんという贅沢。

メニューを撮り忘れてしまったんだけど、メニュー数はかなり多くて、選ぶのに悩んでしまいます。

どら焼きを食べるぞー!と決めていたものの、いろんなものに目移りしてしまうほど。

<メニューの一部>

・あんみつ(みつまめ/豆かん)
・クリームあんみつ(みつまめ/豆かん)
・白玉クリームあんみつ(みつまめ/豆かん)
・御前/田舎しるこ
・おぞうに/味噌ぞうに
・抹茶/黒豆茶/煎茶とどら焼き
・かき氷(冷やししるこ/氷あんみつ/あずき)
・あずきパフェ

あずきのものを中心にセレクトしましたが、ここに載せたのはほんの一部。

何回通っても食べ尽くせないほど豊富なメニューでワクワクしてしまいます。

あずきパフェきになるなぁ…。

特大サイズにびっくり!生クリーム入りどら焼きを堪能しよう!

今回選んだのは「コーヒーと生クリーム入りどら焼き」。

どら焼きのセットは煎茶、抹茶、黒豆茶しか選べないようですが、この生クリームどら焼きはコーヒーとセットが選べます。

和菓子とコーヒーを見つけるとついつい頼んでしまいますね…。

運ばれてきたのはこちら。

どーん!!!と想像以上に大きくてびっくり。

このサイズになるとどうしてもパンケーキっぽくなりがちなのですが、ちゃんとどら焼きで嬉しい。

中には溢れんばかりのあんこと生クリームがたっぷりと詰まっています。

本当は両手で持ってかぶりつきたい衝動を抑えてフォークでパクリ。

ふわふわのどら焼き生地でボリューミーだけど意外とペロッと食べられます。

生クリームもあったりしていて、あんこと抜群の相性。最高です。

コーヒーは深煎りのブレンド。

どら焼きは甘すぎませんがコーヒーと飲むと口の中の甘さがすっきりと消え、次の一口がさらに進みます。

店舗情報

時屋は1948年にできたお店。

時屋のどら焼きはあのドラえもんのどら焼きのモデルになったと言われています。

店先でどら焼きだけの購入もできますので、気軽に買えます。

また、近くにある但馬屋珈琲店本店では「但馬屋珈琲店」の焼印の押してある時屋のどら焼きを食べることができるのでこちらも要チェックです。

店舗名 時屋
住所 東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク 1F
電話 03-3342-2610
営業時間 [月~土] 11:00~21:30 [日・祝] 11:00~20:00
定休日 無休
最寄駅 新宿
HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です