東京 文銭堂 「文銭最中」

東京新橋にあるお気に入りのお店、文銭堂。

豆大福が曜日がわりで食べられたり、季節の上生菓子もとても綺麗で、新橋に用があるときは必ず立ち寄ってしまうお店です。

そんな文銭堂の名物がこの文銭最中。

通常サイズはもう一回り大きく、大文銭と呼ばれています。

大文銭は小豆と白あんの2種類、今回紹介する小型の文銭最中は小豆と栗の2種類となっています。

もなかの皮はふわっとした食感が特賞で、口の中で優しくほどけます。

あんこは水分たっぷりの濃厚あんこ。

トロトロで私好みのあんこなのでお気に入りです。

お茶はもちろんコーヒーとの相性も抜群です。

小腹が空いたとき、ちょっと甘いものが食べたいときにちょうどいいサイズ。

ビジネスの街、新橋にあるのでお客さんもサラリーマンで賑わっています。

駅からも近いのでおもたせにもいかがでしょうか!

 

和菓子情報

 種類 最中
あんこ つぶあん
サイズ 3.5cm
日持ち 7日 ※夏季5日
価格 小豆120円・栗150円
オススメ飲み物 コーヒー,煎茶,牛乳
HP http://www.bunsendo-hompo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です