どら焼き(北海道/千秋庵)

北海道の札幌千秋庵のどら焼きをお取り寄せしました。 千秋庵といえば山親爺!そしてどら焼き!ということで、とても楽しみにしていました。 どら焼きの種類は2種類。 つぶあんと、つぶあん+栗です。 どちらもとってもおいしかった …

栗餅(京都/鍵甚良房)

京都 鍵甚良房「栗餅」 いつもお世話になっている鍵甚さんの栗餅をいただきました。 栗の甘露煮とこしあんを羽二重餅で包んだとてもシンプルなおもち。 シンプルが故に素材の味がとても重要! ちょうど作り立てをいただいたのですが …

かんぎえん(大分/旭饅頭)

大分 旭饅頭「かんぎえん」 大分日田の旭饅頭さんで見つけた、「かんぎえん」というお饅頭。 かんぎえんって何!? と疑問を持つところからその町の歴史が見えてくるのがとても面白くて、いろんな場所に和菓子を求めていく醍醐味の一 …

大分・日田でそば饅頭9個食べ比べ! #大分和菓子旅

大分県日田に行ってきました。 江戸時代に京・大阪・江戸を手本に町人文化が繁栄したため、小京都と呼ばれ、古い街並みが特徴の観光地となっています。 小鹿田焼、日田下駄の伝統産業、水が綺麗なため日本酒、焼酎作りなども盛んな町で …

滋賀県大津で見つけた大津菓子調進所、鶴里堂(かくりどう)の重厚感漂う和菓子

滋賀県大津を散歩していた時のこと。 たまたま老舗感漂う立派なお店を見つけました。 お店の名前は鶴里堂、かくりどうと読みます。 なんだかちょっと敷居が高いけど…一歩踏み出してえいっ!とお邪魔してきました。 100年以上の歴 …

うりんこ(京都/鍵甚良房)

京都 鍵甚良房 「うりんこ」 和菓子とコーヒーの企画をやり始めてから、Twitterで連絡をくれた鍵甚良房さん。 京都に行くたびにお邪魔しているお気に入りのお店です。 今回紹介するもなかは今年の干支でもあるいのししの形の …

ぬれどら栗(鹿児島/梅月堂)

食欲の秋、昔の人は本当に上手いことを言うもんだなぁと毎年思っています。 食べることが大好きな私は実りの秋が大好きです。 和菓子には欠かせないあんこ、そして秋といえば栗も収穫期を迎えます。 秋になると和菓子もここぞとばかり …

栗どら(福岡/きくや)

福岡 きくや 「栗どら」 秋が始まるとどのお店にも栗や芋を使ったお菓子がずらっと並びます。 秋だなぁと思いつつ、無意識でちょっと斬新なお菓子を探してたりもする今日この頃。 先日八女に遊びに行った時にたべたこの栗どらにいい …

文銭最中(東京/文銭堂)

東京 文銭堂 「文銭最中」 東京新橋にあるお気に入りのお店、文銭堂。 豆大福が曜日がわりで食べられたり、季節の上生菓子もとても綺麗で、新橋に用があるときは必ず立ち寄ってしまうお店です。 そんな文銭堂の名物がこの文銭最中。 …

二色饅頭(石川/下常菓子店)

石川 下常菓子店 「二色饅頭」 石川県山代温泉に遊びに行った時に訪れた下常菓子店。 真っ先に目に入ったのがこの二色饅頭。 皮の色は白とピンク。 わー!2色だ…!と驚いていると、説明のカードには中のあんこも2色と書いてある …

良寛てまり(岡山/ひらい)

岡山 ひらい 「良寛てまり」 可愛い紙に包まれているお饅頭。 岡山のお菓子屋さんひらいの「良寛てまり」です。 良寛とは江戸時代のお坊さん。子供たちとてまりで遊ぶ様子がお菓子になりました。 包みを解くと真っ白のお饅頭。本当 …

福良すずめ(東京/喜田家)

東京 喜田家 「福良すずめ」 東京の和菓子屋さんでお土産を聞かれたら、オススメしたいのがこちらの喜田家さん! 喜田家さんのお菓子は完全に私好みで見つけたらいつも買ってしまいます… 優しく、懐かしい気持ちになれるような疲れ …

栗蒸し羊羹(東京/赤坂青野)

東京 赤坂青野 「栗蒸し羊羹」 むっちり、もっちり食感が大好きな蒸し羊羹。 関東の練羊羹は寒天が多いのであまり得意ではないのですが、その分、蒸し羊羹の文化が発展しています。 今回紹介するのは赤坂青野の栗蒸し羊羹。 栗蒸し …

栗蒸し羊羹(東京/青柳正家)

東京 青柳正家 「栗蒸し羊羹」 いつか食べて見たかった!憧れの羊羹。 薄紫の高貴な色。あふれんばかりの栗。 素材そのものの美しさが生かされた栗蒸し羊羹をようやく口にすることができました。 あずき、砂糖、栗、小麦、葛、塩と …