東京 喜田家 「初宿 小倉(はつしゅく おぐら)」

大きな口でフワッフワのどら焼きを頬張りたい時、ぜひオススメしたいのが今回紹介する喜田家さんの初宿です。

江戸時代、お店のある千住が陸奥への玄関口、一番目の宿場(初宿)として栄えたことから名付けられたお菓子。

皮は、埼玉県産の小麦粉にアカシアの蜂蜜が使われています。

とにかく!カステラみたいでふわふわしっとり!カステラ好きな人には迷わず食べて欲しいどら焼きです。

そして中に挟んであるあんこも絶品なんですよ。

柔らかくて絶妙な水分量。ふわふわの生地を引き立てる最高のあんこです。

飲み物は牛乳で。なんだか子供の頃の懐かしさを思い出せる優しいどら焼きです。

初宿の種類は3種類。

今回紹介した小倉、小倉に大きな栗が入った栗一粒入り、そして白あんに刻み栗が入ったきんとんあん。

好みのふわふわどら焼きにかぶりつこう!!!

和菓子情報

 種類 どら焼き
あんこ つぶあん
サイズ
日持ち 7日
価格
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー
HP

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です