京都 鳴海餅「赤飯万寿」

ずっと気になっていた京都、鳴海餅の赤飯万寿を食べました。

丸々していてかわいい…

鳴海餅は明治8年にできたお店。

全国各地で赤飯饅頭はみられるのですが、京都ではなかなか見かけない。

そんな中なぜ売ってるのか調べると、鳴海餅は赤飯が名物の模様。

大正13年に売り出し始めたそうです。

ぽこん、と上に乗っかった栗がとてもかわいいですよね。

さて中身を見てみると…

思っていたよりボリューミー!

ずっしりとお赤飯が詰まっています。

お饅頭は甘く、赤飯に味はついていません。

お赤飯はもっちもちでご飯感はあまりありません。

お饅頭のふわふわともちもち、2つの食感が楽しめます。

饅頭の白、赤飯のピンク、栗の黄色がとてもかわいい!

ちなみに饅頭生地の部分がピンクのものもあり、お持たせで使う時は紅白で使えるようになっています。

これはまた食べたいな…

飲み物はほうじ茶や甘めの煎茶がオススメ。

虜になってしまったお饅頭でした!

和菓子情報

 種類 まんじゅう
あんこ あんこなし
サイズ 6cm
日持ち 当日
価格 170円(税抜)
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー,抹茶

店舗情報

店名 鳴海餅本店
住所 〒602-8138 京都府京都市上京区西橋詰町283番地
電話 075-841-3080
定休日 月曜日
営業時間 8:30~17:30
最寄駅 地下鉄烏丸線丸太町駅
HP https://www.narumi-mochi.jp/
その他取扱店 大丸京都,高島屋京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です