福岡 ゑびす餅 「わらび餅」

あなたにとって夏の風物詩といえばなんですか?

花火に海、お祭り、ビアガーデン?

一年の季節の中で一番夏が好きな私にとって、それはもう風物詩なんて挙げきれないわけですが、その中の一つ、毎年絶対に食べなければ夏が終われないもの、それがこのわらび餅です。

ただのわらび餅ではなく、福岡北九州にある、ゑびす餅さんが作るわらび餅。

注文すると、

「ちょっと待ってねー」

と大きなわらび餅の塊を包丁で切ってくれ、ざざっとパックに詰め、どさっときな粉をまぶします。最後に爪楊枝を2、3本、一番端のわらび餅に突き刺して出来上がり。

お世辞にもインスタ映えする和菓子、とは言えないけれど、パックを開けた時の香ばしいきな粉の香りが鼻に届くと、あ〜これこれ、と安心してしまう私の大事なわらび餅。

街の人にこんなにも愛され、慣れた手でささっと作られる和菓子は一周回ってとても美しいとさえ思う。

あー、もうたまらん。きな粉も嬉しそうに飛び跳ねておる。

香ばしいきな粉が口の中に入れるとトロッと溶け、わらび餅はしっかりとした弾力。

モギュモギュと口を動かすと、冷たいわらび餅が優しい甘さを口いっぱいに広がって、幸せな気分で満たされる。

いつから夏の定番になったのかは覚えてないんだけど、高校生の時は一人で3パックくらいペロッと食べてたなぁ…。

大人気だから予約をするか朝一番に行くのがオススメです。

このわらび餅は夏だけの限定商品。いつでも食べられればいいのになと思いつつも夏だけに出会えることに意味があるんだと思う。

わらび餅好きはもちろん、誰もを魅了する本当に美味しいわらび餅。

北九州に来られた際は是非食べてみてください、というか一緒に食べましょう!

和菓子情報

 種類 わらび餅
あんこ
サイズ
日持ち 当日
価格 1パック 300円
オススメ飲み物 煎茶,麦茶
HP

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です