愛知 両口屋是清 「千なり 紅粒あん」

両口屋是清のどら焼き、千なりです。

千なりはどら焼きの表面に押されている焼印の「千なり瓢箪」から名付けられました。

豊臣秀吉の馬印で使われていた印です。

千なりの味は3種類、黒の粒あん、抹茶あん、そして今回紹介する紅粒あんです。

元々は白あんと、この紅粒あんで紅白のめでたいものとして販売されていたそうですが、紅粒あんと白あんは味が同じであるため、現在では白あんが抹茶あんに変わり販売されています。

どら焼きを半分にわると可愛らしいピンクのあんこが詰まっています。

紅粒あんは白あんにピンクの色をつけたものなので、味は白あんと一緒。

ところどころに豆の粒が残っていて、アクセントになっています。

パッケージもあんこと同じピンクになっていて春らしさを感じます。

どら焼きの皮はふかふかとしていて、軽め。

牛乳やカフェラテといただきたい一品です。

和菓子情報

 種類 どら焼き
あんこ 紅粒あん
サイズ 9cm
日持ち 14日
価格 157円
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー
HP http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です