鹿児島 竜乃家 「木目羹(きもくかん)」

鹿児島の郷土菓子、木目羹!

初めて見たとき「なんだこれは!!!」とびっくりした鹿児島のお菓子の一つ。

まだらに入った模様が木の目の様に見える、ということから名付けられたお菓子で、黒い部分は小豆餡、白い部分は白餡でできている歯切れのいい羊羹です。

マーブル模様がなんともおもしろい!

かるかん、高麗餅(これもち)、煎粉餅(いこもち)と共にお祝い菓子の代表格として鹿児島では馴染みのあるお菓子です。

(この三つでは色が寂しいので、模様的な意味で木目羹が作られたという説も)

羊羹よりもさっぱりとさっくりと食べられるのが特徴。

他のサイトでは食感がクワイに似ていると書かれていてかなり納得!

鹿児島のお菓子屋さんではもちろん、スーパーでも買うことができるので鹿児島に行った際にはぜひオススメです。

 

和菓子情報

 種類 木目羹
あんこ こしあん
サイズ 約5cm
日持ち 約10日間
価格 108円
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー
HP https://itp.ne.jp/info/469910942500000899/

合わせて食べたい!鹿児島の郷土菓子!

かるかん(鹿児島/竜乃家)

高麗餅(鹿児島/竜乃家)

鹿児島の郷土菓子煎粉餅(いこもち)の魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です