東京 玉川屋「仁王餅」

仁王餅ってなんだ!!なんか怖そう!!!

目黒駅から徒歩10分のところにある玉川屋で見つけたお菓子。

玉川屋は大正12年に創業したお店です。

見るからに柔らかくてとろっとしていそうな、わらび餅。

何が仁王餅なんだろう?と調べるとお店の近くにある目黒不動尊に奉ってある仁王像にちなんで作られたんだそう。

仁王餅は北海道産の小豆で作られた自家製のつぶし餡を、わらび餅で包み、きな粉をまぶしたお菓子です。

フォルムがとっても可愛くてころんとしてるんですよ。コロコロ転がって行きそう。

直径は4cmほどでわらび餅の生地は薄め。

ぷるっとモチっとしていて口の中でとろけてしまいます。

中にはぎっっっしりとつぶしあんが詰まっています。ギュギュッとした感じ。

これはコーヒーに合うこと間違いなしのお菓子ですね…!!

しっかりと粒が残っていて食感とあずきのコクを楽しむことができますよ。

上にかかっているきな粉が取れやすいので、箱から出すときは気をつけて!

食べる前にほんの少しだけ冷やしてもおいしいはず。(冷やしすぎると硬くなったりきな粉が湿気たりするので要注意…!)

和菓子情報

 種類 お餅
あんこ つぶあん
サイズ 小さめ
日持ち 2日間
価格 1個 150円
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー
HP http://www.wagashi-tamagawaya.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です