岐阜県 しらおぎ 「五平餅」

白川郷に行きました。念願の。滞在時間は短かったのですが、絶対に、なにがなんでも食べると決めていたのがこの「五平餅」。今朝ドラ「半分青い」の主人公すずめちゃんの出身が岐阜ということで、度々登場しています。

本場の五平餅が食べたい!!白川郷の中には何店舗か食べれるお店がありました。ほんとは食べ比べしたかったのですが、時間がなく、さらに夕方だったので売り切れているお店も結構あって、五平餅の人気を実感しました。

今回食べたしらおぎさんは注文したら炙ってくれます。できたてが食べれますよ!!!

とても香ばしくて甘辛い、とは言っても思っていたより甘い要素はなく、おやつというか、軽食というか、そんな感じ。お米の部分はご飯をつぶしたものなのですが、お米感が強くて、びっくりしました。お餅寄りのイメージだったのですが意外とがっしりした、力強いおやつ。五平餅の印象が変わりました!やっぱり食べてみないとわからないですね…!もっといろんな五平餅を食べてみたい!

ちなみに、こちらの写真は岐阜県飛騨地方で昔からあるお人形さるぼぼ、というそうです。可愛い。「猿の赤ん坊」という意味があるそうで、色とりどりな人形。お土産にもぴったりです。

白川郷では代表的銘菓として「紫蘇もなか」と「どぶろく羊羹」がたくさん売られていました。 白川郷のお家を形をした最中の皮にあんこ(小豆、抹茶、チョコ)が入っていました。今回は買えませんでしたが、またゆっくり行こうと思っているのでその時食べれたらいいなと思います。

和菓子情報

 種類 お餅(ご飯)
あんこ なし
サイズ 大きめ(12cmくらい)
日持ち 当日
価格 250円
オススメ飲み物 お茶
HP

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です