奈良 千代の舎 竹村 「奈良饅頭」

念願の饅頭祭り、念願の奈良饅頭。

和菓子といえば、お饅頭!という方も多いのではないでしょうか。

お饅頭は林浄因という人が日本に広めたと言われています。(実は福岡・博多にも発祥の地があるのですが…!)

その林浄因を祀っている林神社(漢国神社)で毎年行われているのが饅頭祭り。

そして、その饅頭発祥の地として千代の舎 竹村が販売しているのが今回紹介している「奈良饅頭」です。

見た目はパンみたいにふっくらしていて、「林」という文字と可愛らしい「鹿」の焼き印が押されています。

詳しく見て見ましょう!

>黒あん

「林」の焼き印が押してある方にはこしあんが入っています。しっとりとした食感の生地です。

見た目からはそんなにわからないのですが、中華っぽい味がするんですよね、揚げたような感じ…?

コクがあってとても濃厚です。

>白あん

続いてこちらは白あん。

鹿の焼き印がついた方ですね。黒あんに比べるとあっさりめです。あんこはこちらもしっとりとしていました。

外側の生地はしっとりというよりふかふかとした感じでした。

この二つはセットで売っているのでぜひ食べ比べて見てください。

日本全国にまだまだ知らない饅頭があると思うとワクワクしますね…!

 

和菓子情報

 種類 饅頭
あんこ こしあん、白あん
サイズ 普通
日持ち 約7日間
価格 2個入り 350円
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー
HP

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です