白が好きです。

真っ白な気持ちは初々しくて、

ちょっとクリームがかった白はほんわりと優しい気持ちにしてくれる。

今回の和菓子は大好きな梅と大好きな白の白梅。

みているだけでふわっと梅のいい香りが漂ってきます。

白にもいろんな種類があって今回は「胡粉色(ごふんいろ)」を選びました。

胡粉とは焼いた貝殻の粉末で作る白い顔料のこと。

かつて中国の西方を意味する胡(こ)から伝えられたことから、胡粉と呼ばれるそうです。

日本では室町時代から使われているらしく、日本画や日本人形、木工品などの色付けに使われてきました。

こういうことをちょっと知るだけで、次から見る視点が変わるものだからとっても不思議。

柔らかな白を見て、ゆったりと穏やかな春を過ごしたいものです。

 

和菓子写真提供:@wagashi_moments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です