福岡 鼓家「鎮国饅頭(ちんこくまんじゅう)」

鎮国寺は福岡県宗像にあるお寺。

弘法大師(空海)が唐から帰ってきた後に「鎮国国家」の根本道場として建立されました。

その鎮国寺日南でできたのが今回紹介する「鎮国饅頭」です。

宗像を代表する銘菓として宗像の道の駅などでも購入できます。

生地には、グラニュー糖がまぶしてあり、サクサクの食感。

バターの風味も重なってクッキー生地のようです。

シナモンの香りが強く小さい頃はあまり得意ではなかったのですが、大人になるとこれがまた癖になるんだよな〜…。

中に入っているのはは、白餡に黄身を入れて練り込んだ黄身あん。

しっとりとしたあんこはコーヒーにもぴったり。

洋菓子感覚で食べれるお饅頭です。

和菓子情報

 種類 まんじゅう
あんこ きみあん
サイズ 縦4cm×横3cm
日持ち 10日間
価格 1個 86 円
オススメ飲み物 コーヒー、牛乳、カフェオレ
HP http://www.tudumiya.com/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です