愛知 きよめ餅総本家 「藤団子」

ずっと気になっていた藤団子。ふんわりと可愛らしい色合いに一目惚れ。やっと食べることができました。麻の紐で結ばれた5つの輪っか。しゃりっとした食感でひんやりとした味わい。食べるのがもったいないほど可愛らしい干菓子です。

藤団子とかいて「とうだんご」と読みます。藤の房をイメージして作られたようで、もともとは紫だけだったそうです。(それだけでも十分かわいいと思う…)

その後、端午の節句、重陽の節句に用いる薬玉(くすだま)の五色から、また五穀豊穣を願ってなど諸説ありますが、5色に変化したそう。もともとは名古屋にある熱田神宮にあったお菓子で、境内にある「きよめ餅総本家」によって復元されました。

毎月15日だけの限定販売で、ネットでも購入できるのですが、その場合は1週間前に注文する必要があります。今回は百貨店の全国銘菓のコーナーで購入したので、名古屋以外にお住いの方も近くの百貨店で手に入るかもしれません。

和菓子情報

 種類 干菓子
あんこ
サイズ 小さめ
日持ち 7日間
価格 1房 200円
オススメ飲み物 煎茶
HP  http://www.kiyome.net/index.html

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です