福岡 つる平 「小倉日記」

小さいころから馴染みのある北九州のお菓子、小倉日記です。

小さなバームクーヘンで中にはクリームが入っています。

森鴎外がドイツに留学し、帰国後に書いた「小倉日記」をモチーフに作れました。

そのため、ドイツにちなみドイツ銘菓であるバームクーヘンになったんだそう。

一見バームクーヘンと聞くと洋菓子のように聞こえますが、このように歴史にちなんだものは、

和菓子でも洋菓子でもどちらかに決める必要はないんじゃないかなと思ったりもします。

和菓子屋さんがつくるシュークリームやロールケーキってなんだかほっこり優しい味がして見つけたら買ってしまいます。

和菓子屋さんで売られているからこその雰囲気を味わうのも好き。

あと和菓子屋さんだと、スポンジ部分がカステラ生地でできてることが多いので優しい味を楽しめるのも理由の一つかもしれません。

コーヒーはもちろん、お茶にもぴったり。九州の甘みのあるお茶といただいてみてください。

和菓子情報

 種類 バームクーヘン
あんこ なし
サイズ 7cm
日持ち 3週間
価格 108円
オススメ飲み物 煎茶,コーヒー,牛乳
HP http://www.tsuruhei.jp/products/kokuranikki/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です