兵庫 戎屋菓子店 「杉原川」

珍しいから食べてみて!と、今まで数少ない和菓子仲間の嶋田さん(@SRokota)にいただきました。

開けてびっくり!焦げ茶色。なんなんだこれは。衝撃の色です。そして香ばしい香り。外側の箱の原材料には「豆の粉」としか書いてないんです。果たしてきな粉なのかそれすらわからない…。

食べたらさらに衝撃が。
きな粉(後から調べると焦がしきな粉でした◎)というより独特の風味、焦がした感じと、濃厚なココアを思わせるコク。そしてお餅の柔らかさ。きなこ×お持ちの組み合わせって全国的によくあるじゃないですか、こう風呂敷包みされたような。ああゆうのってお餅がギシギシしていてなぜか半透明で、あまり得意ではないのですがこれは大違い。口の中でとろっとろにとろけました。

さすが和菓子博士の嶋田さん。ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です