こんにちは。和菓子女子、せせなおこ(@s_nao25)です。

梅雨も明け、いよいよ夏本番。
夏の楽しみといえばお祭り、海、花火…とあげだしたら止まりませんが、
私の楽しみは、なんと言っても、そう、かき氷です。

近年のかき氷ブームもあり、かき氷専門店はもちろんのこと、和菓子屋さんでもかき氷を出すところが増えてきましたね。
そんなわけで、今年の夏はかき氷特集をしようと思います!いくつ食べられるかな〜!

まず今年初のかき氷を食べに伺ったのは甑島の山下商店。
大好きなケンタさん(関連記事:NO.8 ヤマシタケンタさん×総本家 釣鐘屋本舗)にこんなことを言われたら食べに行くしかない。

 

 

いざ、初甑島へ。
甑島は上甑島・中甑島・下甑島と縦に3島からなる東シナ海にある列島。高速船で本土の川内(せんだい)港から約50分。詳しくはこちら→甑島へのアクセス

 

甑島に着いたら早速お目当の山下商店へ向かいます。

看板を目印に、

たどり着きました!

 

お店に入り、一番に目に入ったのがこの可愛らしいかき氷機!ワクワクしてきました。

早速「とうふ屋さんのかき氷」を注文。
ケンタさんにつくっていただきました。

まずはあんこ、こだわりのおとうふをザルに盛りつけます。

カウンター越しにこっそり撮影。
一流のシェフが作っているみたいですね。

さて、ザルに豆腐とあんこを乗せたら、その上に氷を削り、練乳をかけます。


側面にちらっと見えるのがお豆腐。

こだわりの2種類のきな粉をトッピング。

最後にお好みで黒蜜をかけていただきます。

……はーっ。
なんておいしい、癒される。
ふわふわの氷。香ばしいきな粉。なめらか濃厚なおとうふ。
そして底から顔を出すあんこ。

豆腐とかき氷の意外な組み合わせが見事にマッチしていました。

平成23年春、山下商店は、服部ナツ商店の跡地に小さなとうふ屋さんとしてオープン。
もともと島のみんなから、なつみせと親しまれていた服部ナツ商店。
冷蔵冷凍庫の普及していなかった時代に本土から船で氷を仕入れて氷屋をしていたんだとか。
とうふ屋と氷屋。このとうふかき氷は時代を超えてコラボした、一品なんだそう。

かき氷を食べ、島の日常に触れるとすっと心が軽くなります。
毎日の疲れを取る、癒しの旅に出かけませんか。

<基本情報>

鹿児島県  山下商店(やましたしょうてん)
2012年創業
早朝3:00から濃厚な豆腐を製造。店内ではおみやげものの他に、甑島産の焼酎や生ビール、コーヒーなども取り扱う。

アクセス:鹿児島県薩摩川内市里町里 里町里54
HP:http://island-ecs.jp/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です