三重県 深川屋 「関の戸」 

江戸時代からつくられ続けている歴史ある銘菓。東海道五十三次で知られる宿場町、関宿でずっと守られてきた味です。

濃厚なこしあんが柔らかな求肥で包まれ、周りにコクのある優しい和三盆がまぶしてある三重の銘菓。ひと口サイズなのですがおいしさがギュッと詰まっています。

丁寧につくられた味わい深いお菓子です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です