こんにちは。せせなおこ(@nao_anko)です。

東京旅第2弾はあこがれのお2人に会いに。ボタニカル男子クリハラ(@kurit3 )さんと、灯台もと暮らしの鳥井弘文(@hirofumi21)さんです。デザイナーのマナティー(@ddw_designer )さんと4人でヤムウンセンを食べる会をしました( ˙꒳​˙  )
クリハラさんの楽しい植物講座や、なぜか相撲の話だったり、この時にあった皆さんとなら私の理想の暮らしも叶えられそうと、とてもワクワクして、もっと頑張ろうと思えた時間でした。

 

今回の和菓子

クリハラさんには吉祥寺 おざさの最中(白・黒)をプレゼント。
大好きなクリハラさんの写真にこの最中がどう写るのかみてみたかった!とても丁寧で素敵な暮らしをしてらっしゃるクリハラさん。新しいもの、というより昔から愛される和菓子が良いな〜!と思い、この可愛いビジュアルからおざさの最中に決定しました。

後日クリハラさんが送ってくださった写真。
なんとも美しいです…!!!ありがとうございます。

そして、鳥井さんには田中屋せんべい総本家 ミントせんべいを。正直、鳥井さんには5年のうちにお会いできるように頑張ろう!と思っていた存在。「暮らし」がテーマの大好きな理想のWebメディア「灯台もと暮らし」。いつか関わりたいメディアです。皆さんで食べれるように、そして「今の暮らしに馴染む」がテーマという変わり種のミントせんべいをプレゼントしました。

 

おざさ

1951年創業の吉祥寺の老舗。商品は最中と羊羹の2点のみ。
羊羹は朝5時から並ばなくては買えないほど人気の一品。
最中はネット注文も可能です◎
オンラインショップ→https://www.ozasa.co.jp/order.php


田中せんべい総本家

1859年創業の岐阜の老舗。
一日中800枚から1000枚のせんべいを手焼きで焼き上げる。
今回の玉穂堂シリーズは新しいけれどどこか懐かしいがテーマの今の暮らしに馴染む、これからのおせんべい。オンラインショップ→http://shop.tanakaya-senbei.jp/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です