京都・塩芳軒の生菓子をお取り寄せしたよー!

なかなかお出かけに行けない日々が続いてますね…

思い切ってお取り寄せだー!!!

と、思いつきずっとお取り寄せしてみたかった京都 塩芳軒さんの生菓子を購入しました!

季節の蒸菓子 4個入り

この1年間で生菓子がお取り寄せできるお店がとても、とっても増えました!

本当はお店に行って、お店の方とお話をして買うのが一番。

それはわかっているのだけど、状況が状況なだけにお取り寄せできるのはとてもいいことです。

ありがとうございます!

生菓子の通販なんて本当にほとんどなかったから嬉しいです。

生菓子のお取り寄せはどうしても冷凍のものが多いのだけど、塩芳軒さんのものは常温状態できます。

箱をオープン!

美しいお菓子が並んでいます!!

一つずつ紹介していきます。

木の芽

名前の通り、木の芽がのった薯蕷饅頭。

うっすらと茶色の焼き目がついています。

見ているだけでほんわかとした優しい気持ちになれます。

中にはこしあん。しっっっっとりとした上品なお饅頭です…!!

花いかだ

次に紹介するのは花いかだというお菓子。

いかにも春、というあたたかな気持ちになります。

淡いピンクの羽二重餅には桜の焼印が押してあります。

桜を食べているようで、そわそわしてしまいますね。

ふわっふわの羽二重もちの中には白あんが包んであります。

あー、もう全てがやさしい…ふわふわ、あんこが濃厚です…

京鹿の子

鹿の子、といえばまめまめしいイメージで、あずきが寒天で固められているようなイメージでした。

が!そのイメージを覆してくれたのが、この京鹿の子。

お餅を包む白小豆はとーっても柔らかくて、もはやおはぎ。

白小豆のつぶ感はしっかり残りつつもほっくりした味わいがたまりません。

花くれない

そして最後は花くれない。

こなし、という京都ではよく見られるあんこに求肥や小麦粉を混ぜて作るお菓子の種類のものです。

“柳は緑、花は紅”

という春を表す言葉をモチーフに作られた、ピンクと緑が美しい和菓子です。

あんこ玉の周りを寒天でコーティングしてあるようなお菓子。

食べた感じは「ザあんこ!」なんだけど、そのあんこがしっとりとなめらか。

あんこを堪能するとはこのことか…

とあっという間になくなってしまいました。

まとめ

なかなかお店に買いに行くことが難しいですが、だからこそ出会える和菓子もきっとあるはず!

塩芳軒さんは毎月季節のお菓子を販売されていて、いつ買っても何度買ってもその時の季節を味わえるのが嬉しいです。

来月のお菓子も楽しみです。

気になった方は以下のオンラインショップからどうぞ!

(生菓子意外にも干菓子、お饅頭、お手詰めもなかなどもあります!)

おいしい、贅沢なひとときを過ごせたお取り寄せでした。

店舗情報

店名 御菓子司 塩芳軒
住所 〒602-8235 京都府京都市上京区飛弾殿町180
電話 075-441-0803
定休日 日曜・祝日・月1回水曜日(不定)
営業時間 9:00~17:30
最寄駅
HP https://www.kyogashi.com/
その他取扱店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です