春分-しゅんぶん- 3月21日〜4月4日頃 

自然をたたえて、生き物を大切にいつくしむ日。

春分の日は、国民の祝日のされ、お彼岸の中日となっています。

この頃は気温も上がってきて、いよいよ春本番という感じがしてきましたね。

やわらかな陽射しにまどろんでいたら、空が暗くなって雨が降り出したり、お日様が出ているのに雷が聞こえてきたり。

天気がよく変わるのもきまぐれな春のおもしろいところ。

また、地域にもよるけれど、春って風の強い日が多いですよね。

「春一番」という言葉もあるほどで、春が来るときには強い風が吹くといわれています。

そんな時に見つけたのが、「春風」という練り切りの生菓子です。

練り切りは、白あんにつなぎとして求肥ややまいもを混ぜて練ったもの。

色をつけたりかたどったりして、様々な和菓子が生まれます。

桜色と若葉色の優しい色合いは、春の始まりにぴったりで、見ているだけでやさしい風を感じられる気がします。

練り切りは甘いので、コーヒーやお茶と一緒にいただくのがおすすめです。

なにかが終わって、なにかが始まるそんな季節。

心がたくさん動く時期だけれど、春一番が不安を吹き飛ばして、強く背中を押してくれるはず。

2019.03.21

 

WRITER あつこ(@koshianworld)

和菓子職人を夢見る女子大生。すきな和菓子は練り切りと羊羹。こしあん派です。「二十四節気と和菓子」を通じて、季節の細かな移り変わりを感じていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です