「空を見上げて深呼吸」

中学生の時好きだった、俳優上地雄輔さんがいっていた言葉。

それ以来、何か嫌なことがあった時、落ち着きたい時、離れた誰かを想う時、いつも空を見上げてきました。

朝焼けのパステルカラーの空も、雲ひとつない青空も、夕焼け色に染まり始めた空全体のグラデーションも、いつだって空は美しい。

そして、ひとつ大きな深呼吸をして、「よし、頑張ろう」って思えたんだよなぁ。

だから空色は私にとって特別な色。

この和菓子は「薄氷」という名前で、早春に薄く張る氷を表しているそうで外郎製。

一口かじると”パリンッ”っていう透き通った音が聞こえてきそう。

きっと春の空はきれいだ。

あともうちょっと。春が待ち遠しいですね。

 

和菓子写真提供:@wagashi_moments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です