雨水-うすい-   2月19日〜3月4日頃

雪が雨へと変わる頃。

雪解けがゆっくりと始まり、草木が芽吹いてきて、昔から農耕の準備を始める目安とされていました。

とはいえ、立春から15日。

昼間は風がやわらかくても、朝晩はまだまだ寒いので、服装に迷う時期でもありますよね。

雨水は、2月19日頃から3月4日頃のことを指します。

雨水の日にお雛様を飾ると、良縁に恵まれるといわれています。

女の子がいるお家は、少し早めに出してみるのも良いですね。

今回は、ちょっと気は早いですが、ひな祭りで食べる桜餅。

実は桜餅って、関東と関西では違うのです!

桃色の薄い皮であんこを包んだものが関東風。

桃色の道明寺粉でできたお餅であんこを包んだものが関西風です。

私はお餅が好きなので、どちらかというと関西風の桜餅を食べることが多いです。

あなたはどちらの桜餅を食べていますか?

皮や餅の食感、あんこのやさしい甘さ、桜の香りと少しの塩気が絶妙に重なる桜餅。
ぜひ食べ比べてみて下さい。

お雛様を眺めながら。そして、春一番を待ちながら。

 

2018.02.19

 

WRITER あつこ(@koshianworld)

和菓子職人を夢見る女子大生。すきな和菓子は練り切りと羊羹。こしあん派です。「二十四節気と和菓子」を通じて、季節の細かな移り変わりを感じていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です