東京 大吾 「爾比久良(にいくら)」

ずーっと気になっていた爾比久良をいただきました。

この難しい名前、爾比久良(にいくら)は武蔵野の面影を今に残す当地の“古の呼称”から名付けたもの。

通常の爾比久良は黄味羽二重時雨餡で中に上質の小豆餡と一粒栗が入っているのですが、今回は黒糖味。

沖縄産の黒砂糖をふんだんに使用した羽二重時雨餡に中には白あんと大きな渋皮つきの一粒栗が入っています。

それはもう表現するのが難しいほど不思議な食感。

あんこなんですけどね、なんだかケーキのようなふんわり感。

なのにしっとりと柔らかく、舌の上でとろけます。

これは間違いなくコーヒーとの相性抜群…!!!

黒糖味ですが、黒糖風味でほんのりと優しい味付けなので黒糖苦手な方でも安心して食べられます。

一個のサイズがかなり大きいので3~4人で分けて食べるとぴったりでした!

かなりクセになる珍しい和菓子。

今度は通常の黄身餡をいただきたいと思います。

都内のデパートでも買えるようなので詳しくはHPを見てみてください。

和菓子情報

 種類 その他
あんこ しろあん
サイズ 約6cmの正方形
日持ち 6日
価格 480円
オススメ飲み物 コーヒー,抹茶
HP http://www.wagashi-daigo.co.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です