こんにちは、せせなおこ(@nao_anko)です。

2017年から1年3ヶ月ほど鹿児島に住んでいたわけですが、鹿児島には全国的にはあまり知られていない魅力的な郷土菓子がたくさんあります。

前回は「いこもち」の魅力をお伝えしましたが、今回は「両棒餅(ぢゃんぼもち)」の魅力に迫ろうと思います。

でっかくないのに両棒餅(ぢゃんぼもち)

「じゃんぼもち」

と初めて聞いた時、餅好きの私は「どんなにでっかいお餅なんだろう…!!!」と心を弾ませたのを覚えています。ところが出てきたのは竹串に2つのお餅が刺さったもの。

「どこがジャンボなの!」ととても衝撃でした。

両棒餅(ぢゃんぼもち)とはもち米や上新粉で作った楕円状のお餅・団子に竹串を二本指して、上から甘い砂糖醤油のトロミたれをかけたもの。イメージとしてはみたらし団子のような感じです。

そして、名前の由来なのですが、“両棒(ぢゃんぼ)”は当地の方言で「武士の大小の刀」を意味し、2本の竹串を刀に見立ててこの名がつけられたそうです。

漢字とこの意味を知ってやっと納得。

「大きい」という意味ではなかったわけですね。

鹿児島に行ったら絶対食べたい!両棒餅専門店!

鹿児島県には両棒餅エリアがあります。

半径300m内に両棒餅が食べられるお店が6箇所もあります。

実際に食べ比べてみましょう!

1.仙巌園

参考記事:両棒餅(鹿児島/仙巌園)

鹿児島の観光地として訪れる方も多いのではないでしょうか。仙巌園は島津家の別邸。島津斉彬も愛した庭園では、錦江湾や桜島の絶景を眺めることができます。

仙巌園で食べることのできる両棒餅は味噌味と醤油味。食べ比べることができるのは嬉しいポイントです。

6本入り 310円

2.中川家

参考記事:両棒餅(鹿児島/中川家)

両棒餅の元祖と言われている中川家。店内には両棒餅の由来が書かれて説明なども貼ってあります。

濃厚なタレと焦げ目のついたお餅が絡み合いもふもふ食感が楽しめます。

12本入り 500円

3.淀川屋

参考記事:両棒餅(鹿児島/淀川屋)

5軒の中で一番だんごっぽく、一番タレが透き通っていました。夏はかき氷もあるようでした◎

8本入り 300円

4.平田屋

参考記事:両棒餅(鹿児島/平田屋)

こちらは白味噌のたれが使われています。4軒目にこのお店を選んだのは正解!飽きることなく食べ進められました◎

10本入り 500円

5.桐原ぢゃんぼ餅店

参考記事:両棒餅(鹿児島/桐原家)

最後のお店。何だか中華料理っぽいみためですが、ちゃんと甘いですよ。お餅の感じは中川家と似ています。たれが濃厚でだしが効いてるような…旨味がすごかった印象。

12本入り 500円

……

以上5軒を紹介しました。1日で友達と2人で計48本食べました…。幸せ。どこもおいしかったから全部おすすめだな…。

時間がない方は店頭でも出来立てを買うことができますので、ドライブのお供に買うのもいいかもしれません。

<両棒餅MAP>

全て徒歩圏内にあります。鹿児島に行った際は仙巌園はもちろん、本場の両棒餅を食べてみてくださいね。

どこのお店も綺麗な錦江湾を望みながら食べることができます。(平田屋はこたつあっておばあちゃんの家みたいにくつろぎました)仙巌園以外のお店はたくあんまたはつぼ漬けが付いて来ます。このお漬物たちにもかなり助けられました…。

鹿児島の面白さはそこを尽きないなぁと改めて感じます。地方の郷土菓子、これ食べてみて!というのがあったら是非教えてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です