亥の子餅(京都/東寺餅)

京都 東寺餅 「亥の子餅」

いのししの形をしていることから名前がついたこのお菓子。古くから食べられている歴史があるお菓子です。亥の子餅として改めてご紹介しようと思います。お店によっても素材が様々で毎年食べ比べをしたいな〜と思うお菓子の一つ。冬の季語としても用いられる亥の子餅、夏にあるのはとても珍しいなと購入。ニッキの香りがふわっと広がり、優しいお餅の中に、こしあんが入っています。黒ごまのプチプチもいい感じに口の中で弾けました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です