こんにちは。和菓子女子、せせなおこ(@s_nao25)です。

和菓子に関する本ってレシピ以外にも意外と出版されているのです。

全国の和菓子屋それぞれの歴史、和菓子屋さんのインタビュー本なんかもありますのでふとした時に紹介できたらいいなと思っています。

さて、今回ご紹介するのは弟子 吉治郎さんの「日本まんじゅう紀行」です。

著者の弟子 吉治郎さんはおまんじゅう屋さん。全国の和菓子屋さんが紹介されています。

タイトルにあるように、いわゆる「おまんじゅう」のみの本かと思い、手にとって見ました。が、著者の方いわく、饅頭の定義はとても広いものらしく、饅頭をはじめ、大福や羊羹、どら焼きまで、様々な和菓子がのっていました。全57軒の和菓子屋さん(地方の和菓子文化も含む)がのっています。

ですので、いろんな全国の和菓子屋さんや、和菓子文化を知りたい方には是非オススメ。(私的には饅頭やさんのみが見たかった気もするけど…)

最後に酒飲み亭主は、家族へのみやげにケーキの類ではなく饅頭を買って帰るべしと書いてあります。たしかにお父さんがおみやげで持って帰ってきてくれたら、和菓子文化も広まるのにな〜とふと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です