お茶辞典

 

「和菓子とあう飲み物と言えば?」

そう聞かれると、きっと多くの方が「お茶」を思い浮かべるのではないでしょうか。

口の中に残る和菓子の甘さをすっと消す。和菓子とお茶はきっても切り離せない存在です。

1つのものにプラスして組み合わせを楽しむ海外の文化に対し、日本の”引き算”という文化は「何もないからこそ、最高の美を感じる」という侘び寂びの美意識。

せっかく飲むならおいしいお茶が飲みたい。産地、淹れ方、飲み合わせ。

お茶の魅力を感じるとともに、和菓子にぴったりな組み合わせを一緒に見つけていきましょう!

 

【煎茶】

緑茶の中で最もよく飲まれている代表的なお茶です。 上品な甘みとスッキリとした程よい渋みが味わえます。 爽やかな香りや鮮やかな山吹色の水色(お茶の色)も特徴の一つ。 淹れる温度や時間の違いによる味や香りの変化も楽しめます。

【深むし煎茶】

普通の煎茶に比べ、長時間蒸して製造される種類のお茶です。 静岡県で栽培されるお茶の約60%は深むし茶です。 普通の煎茶の山吹色とは違い濃い緑色が特徴的ですが、苦みが少なく濃厚なコク、旨みが味わえます。

【ほうじ茶】

番茶や煎茶を強火できつね色になるまで炒って作られたほうじ茶は香ばしい香りとスッキリとした味わいが特徴のお茶です。 熱湯で淹れるとほうじ茶の特徴である香ばしさがより味わえます。

【抹茶】

藁などの被覆資材(ひふくしざい)で茶園を覆い遮光下で育てられた茶葉を揉まずに乾燥させたお茶である碾茶(てんちゃ)を石臼で挽いたものが抹茶です。 京都の宇治、愛知の西尾、福岡の八女が主要産地として有名です。

 

coming soon…

 

 

 


伊藤尚哉(@iNaoya_jpt 
2年前に日本茶の美味しさに出会い、名古屋の日本茶専門店に勤務。
日本茶インストラクター取得。映画.読書.サッカーも大好きです。 0歳児の父。